ワッカポップのロゴ
キッチンラボ ワッカポップ

人と人とを食でつなぐ
札幌中央区のレンタルキッチンスペースです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
3月3日「旬の魚を食べる会」を開催しました。
 今回は、8名様にご参加いただき、シェフにススキノのカミヤビルにて「お食事処HELP」と丸井さんの社員食堂「レノンダイニング」主宰されている高橋マスターをお招きし、北海道の旬の魚を美味しくお料理していただきました。まずはご参加いただきました皆様並びに高橋マスターに感謝申し上げます。

旬の魚を食べる会
今回のお料理は、来てみないとわからないという大変無謀かつ失礼な塩梅で恐縮の限りではありますが、これも偏にできるだけいいものを直前まで探していたということでご勘弁下さい。 結局ご提供したお料理は、生岩のりとメヌキの鍋、お通しは糸こんにゃくのタラコ和え、羽幌産甘エビの刺身、日高産磯ツブ煮、羅臼産ホッケ、日本海産生干しニシン、太平洋産タチの天ぷら、ムール貝のスープ仕立てです。 メヌキとムール貝は、参加者のSAKAIご夫妻様よりご提供いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。 旬の魚を食べる会 大量のメヌキです。SAKAI奥様にもお手伝いいただきまして、早速さばきに入ります。
今回はお鍋でいただきました。適度に脂がのり、上品な味わいです。 旬の魚を食べる会 旬の魚を食べる会 お鍋の準備ができたら、タチ天、ムール貝のスープ仕立ての作業へと、その間、下ではニシンとホッケを焼いています。 旬の魚を食べる会 しかし、高橋マスターが作る「生岩のりベースの鍋ですが、シンプルで素っ気ないように見えますが、どっこい、磯の香りがふわっと口の中に広がり、飽きのこない味で何杯でも食べたくなる絶品です。そして飛び入り参加のメヌキが入り、一層風味が増して本当にグッときましたが、皆さんいかがだったでしょうか? 主催側の私が楽しみすぎてついつい飲みに走り、肝心の料理写真をちゃんと撮ってなくて大後悔。 旬の魚を食べる会 当日の日本酒は、越の寒梅(別撰、高橋マスター差入れ)、黒菱純米吟醸でした。 次回も開催予定ですのでまたのご参加よろしくお願いします。 (NINAO)
できごと comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>